洗顔には洗顔フォームと石鹸どちらがいいの?

顔に痒みや赤みがある人が気を付けなくてはいけないものは化粧品や保湿剤だけではありません。普段使用している洗顔料が刺激となって肌トラブルを引き起こしている可能性もあります。

洗顔フォームと石鹸では肌に与える影響に違いがあるのでしょうか?洗顔について学んでみましょう。

Sponsored Links

洗顔料で肌トラブルが起こる原因は?

洗顔料には油や皮脂を落としやすくするために合成界面活性剤が含まれているものがあります。

合成界面活性剤とは本来混ざり合うことのない油と水を混ぜ合わせることができる物質で、油を浮かせ水だけでも洗い流すことができます。

シャンプーや洗剤に含まれることが多く生活する上では必要な存在です。とても便利なものではありますが、油を馴染ませ落とす力が強いために人に必要な油分まで落としてしまいます。

顔に赤みや痒み・乾燥があると肌のバリア機能である皮脂が合成界面活性剤によって洗い流されてしまい外部から刺激を受けやすくなります。

そして本当に怖いのは、洗顔料に含まれるアルコールや香料、着色料、アレルギー成分などの添加物です。

合成界面活性剤によってバリア機能が剥がされ、無防備になっている時に添加物が皮膚に入り込むと赤みや痒みを引き起こしてしまいます。

洗顔フォームのメリット・デメリット

1
ドラッグストアではクリーム状の洗顔フォームと洗顔用の石鹸を見かけることが多いと思いますが、同じ「洗顔料」でも入っている成分に違いがあります。

一般的な洗顔フォームは石油や天然油脂を原料して作られ、成分の中に合成界面活性剤が含まれています。そのため、汚れや皮脂が落ちやすく泡立ちも良いため消費者に好まれやすい洗顔料です。

健康的な肌の方が使用するには問題のないものですが、肌の力が弱っている方が使うと強すぎる洗浄力や添加物により刺激を感じてしまう事があります。
メリット…汚れを落とし、泡立ちも良い。低価格。
デメリット…洗浄力が強い、痒みや赤みを起こす場合もある。

石鹸のメリット・デメリット

2a8564c0baf8fb401afe72951b3c862a_s1
洗顔用石けんはヤシ油、オリーブ油、ラードなどの動植物の油脂を原料に作られています。洗顔フォームと比べると汚れや皮脂を洗い流す力は劣りますが、洗顔には充分な洗浄力があります。

肌への残留性もないため、年齢性別問わず使用することができます。
メリット…肌に優しく、残留性がない。
デメリット…価格が少し高い。

顔に赤みや痒みがある人はどんな洗顔がいいの?

顔に赤みや痒みなどの肌トラブルがあるということは、肌のバリア機能が低下している証拠です。

そんな肌に合成界面活性剤が含まれた洗顔フォームを使用し続けると、刺激物が入り赤みや痒みをより広げてしまう恐れがあります。

赤みや痒みがある場合や肌が弱い方は刺激の少ない石鹸での洗顔をおすすめします。

中には固形の物でも「石鹸」ではない物もありますので、成分表に「石ケン素地、カリ石鹸素地」などと書かれている洗顔石鹸を選ぶようにしましょう。

まとめ

汚れや皮脂を落としてくれる洗顔料と聞くと魅力的な商品ですが、肌にとってはある程度の皮脂というのは必要なものです。

健康的な肌とは皮膚に常在菌が存在して、それらが皮脂膜の生産や皮膚の角質化を促している状態です。強い洗浄力を持つ洗顔では常在菌が死滅してしまいます。

5年先、10年先の肌状態を考えて、今使用している洗顔料を一度見直してみましょう。

 

Sponsored Links