顔の痒みが気になる30代、今日からできる3つの対策。

若いころに比べて顔に痒みが出やすくなった、カサつきが出やすくなったと感じることはありませんか?

化粧水や乳液を使いしっかりスキンケアをしているのに朝になると再び痒みやカサつきを感じる方もいると思います。

30代というのは肌に違和感を感じ始める年齢。ここからきちんとケアをする人としない人ではその後の肌状態も変わってきます。今回は30代の顔の痒みの原因と対策についてまとめています。

Sponsored Links

30代の顔に痒みが出る原因を知っている?


30代になって顔に痒みが出やすくなったと感じる人は多くいますが、その半数以上は加齢によるものです。

皮膚の細胞やホルモンが減少して、肌自体に水分を溜めこめる力が無くなっています。

10代や20代の肌というのは、水分を抱え込んでいるため空気の乾燥やハウスダスト、紫外線といった外部からの刺激を跳ね返すことができます。

もちろん見た目でもハリのある肌、弾力もありますよね。

ですが年齢を重ね水分が溜め込めなくなると、細胞同士にすき間ができそこから刺激物が侵入したり、刺激を感じる繊維が皮膚表面まで伸びて痒みや痛みを感じやすくなります。

人によって差はありますが、肌のカサつき、シワや痒み、赤みといった肌トラブルが出てきます。

高い化粧水を使えば痒みやカサつきが無くなる?スキンケア用品を選ぶ際のポイントとは。


30代になるとある程度自由に使えるお金もあり、少し高いスキンケア用品を使ってみよう、エステに行ってみようと思われる方もいると思います。

高いスキンケア用品というのは成分にこだわり、効果を感じやすく作られています。プロが行うエステに行けば肌状態も変化が出てきます。

ですが、ニベアやキュレルといったドラッグストアでお手頃に買えるスキンケア用品や自分でマッサージするだけでも十分な効果は感じることができます。

高いものを使えば肌トラブルが無くなると思うのは実はそうでもない場合があり、自分の肌に合って長く使えるものを使った方が負担がかからず肌トラブルも減っていきます。

最大のポイントとしてはスキンケア用品を使用した直後の肌ではなく、時間が経ったときの肌状態で判断するということ。

痒みを感じていたり、乾燥が出ているようであればそのスキンケア用品に含まれる水分と油分のバランスがあなたの肌には合わないということになります。

今日からできる顔の痒みを治す3つの対策。

上記でも書きましたが顔に痒みが出る原因は、加齢によって肌が水分を溜めこめず外部刺激を受けたり、乾燥により神経線維が皮膚表面まで伸びて過敏になっていることがあげられます。

加齢は止めることはできませんが、水分を溜めこむ力(水分保持力)は上げることができます。

 洗顔の見直し。


水分を溜め込んでくれる力というのは、具体的には細胞同士を繋ぎ止めたり水分を挟み込む脂の働きによるものなんですが、この脂はセラミドとも呼ばれ保湿剤などにも配合されるほど保湿効果の高い成分です。

人の皮膚にあるセラミドは洗顔による摩擦や洗顔成分の刺激によって洗い流されたり、作られなくなります。

かといって洗顔をしないという選択はできないので、洗顔は1日に1~2回程度にするようにしましょう。

冬場はあまり洗顔回数が増えることはありませんが、夏になるとこまめに洗顔をする方もいると思います。

その場合には、洗顔料を使用しての洗顔は朝と夜だけにしてそれ以外は水で軽く洗うだけにしましょう。

また、洗顔料はできるだけ固形の洗顔石鹸が良いです。洗顔フォームは皮脂や汚れをキレイに落としてくれますが、肌の力が弱まっている人には洗浄成分や添加物が肌を刺激してしまいます。

固形の洗顔石鹸は洗顔フォームに比べると洗い流す力はやや劣りますが、肌への刺激や残留性もなくダメージも少なくなっています。

刺激を少なくして肌を休ませるようにしましょう。

 質の良い睡眠。


睡眠が肌に良いというのは誰もが知っていることです。ですがなぜ睡眠がよいのかを知っていますか?

人は眠りに入ると3時間後に成長ホルモンが分泌され肌の再生が始まります。

起きている間というのは脳に血液が運ばれていますが、眠りに入り脳が休むと脳に運ばれる血液は減り、その分の血液は肌や内臓といった細かな部分にまで行き渡り酸素や栄養を運ぶようになります。

しっかりと睡眠をとることで長い時間を肌の再生にあてることができます。

 スキンケアにセラミドを取り入れる。


セラミドは肌の水分の約80%に関係していて人にとっては無くてはならない存在です。

セラミドが減少することにより皮膚の中に水分が溜め込めなくなり乾燥や痒みの原因になっています。

セラミドは若い人なら睡眠と食生活を正せば自然に回復しますが、20代に入るころから徐々に減少し始めます。

10代のころに比べると乾燥や赤み、痒みなどの肌トラブル増えてきますよね。それはセラミドが少なくなったからというのが大きな理由です。

そのため、今使用している保湿剤 (化粧水、乳液、美容液、クリーム)のうち、どれかをセラミド入りのものにしてみましょう。

セラミドを使用し続けることによって肌の水分量が上がることが研究の結果にも記されています。

どのようなものを選んだらよいのか迷うという人はファンケルのお試しキットがおすすめです。

ファンケルはセラミドを補いながら肌自身のセラミドを作り出す力を高めてくれるアクティブセラミドが配合されています。

使用し続けることでセラミドが増え、肌のカサつきや痒みといった肌トラブルがなくなります。

まとめ

30代に入ると、今まで感じなかった肌の痒みや乾燥が気になり始めます。

スキンケアをしていても改善が見られない場合には、肌の保湿成分であるセラミドが減少し水分を溜め込めなくなっている証拠です。ぜひ、上記の3つを試してみてください。

Sponsored Links