鼻の横が痒くて集中できない!痒くなるのはなぜ?

鼻の横を無意識に掻いていることありませんか?テレビを観てる時やスマホを触ってる時、ニキビや湿疹ができてる訳ではないけど、ただただ痒い…。

鼻が赤くなったりカサカサして皮がむけると人に見られたくないですよね。今回は鼻の横が痒くなる原因についてまとめています。

Sponsored Links

鼻の横が痒い原因とは?


鼻の横というのは鼻の左右ちょっと膨らんだ所のこと。鼻というのは顔の中でもトラブルが多く、赤みやカサつきが出やすい箇所です。

鏡で自分の鼻の横を見てください。目の前に誰かいるなら、その人の鼻の横見てください。

ほんのり赤くなってたりカサついていませんか?赤みやカサつきがあるなら、それは脂漏性皮膚炎。脂漏性皮膚炎というのは誰でも発症する皮膚炎です。

脂漏性皮膚炎って何?


脂漏性皮膚炎っていうのはマラセチアという菌が原因で肌に赤みや痒みが出る皮膚炎です。症状が軽い人も多く気付かないこともあります。

マラセチアは肌にもともと存在してる菌で少ない数だと悪さはしません。ですが、数が増えすぎるとその部分の皮膚が過敏になります。痒みが出たり乾燥したり、刺激に弱くなってきます。

人によって違いはありますが、

・赤みがでる
・痒みがある
・カサつきがある
・粉をふいてザラザラする
・洗顔、化粧水がしみる

などの症状が出ます。鼻の横というのは皮膚の他の部分に比べて脂っぽいですよね。その脂は皮脂や汗が混ざったものですが、鼻は脂漏部位といって皮脂が多く分泌される箇所です。

マラセチアは皮脂をエサにするので、鼻の横のように皮脂が多いところで数が増えてしまいます。その結果、皮膚炎が悪化してしまいます。

鼻の横の赤みや痒みを治すには?


赤みや痒みの症状が激しい人は仕事や学業に集中できないくらい痒みがあったり、夜眠れなくなるほど痒いこともあると思います。

そういう人は自力では治りません。病院に行き、抗真菌剤か抗生物質での治療になります。元の肌に戻るまでに数カ月~数年かかることもあります。

生活には支障はないけど赤みや痒みがある人は洗顔や保湿などを見直してみましょう。

まず、洗顔については普通の洗顔じゃなくて殺菌効果があるもの。ニキビケア用の洗顔料で大丈夫です。

毎日何回も洗顔する必要はなくて、朝と夜丁寧に洗顔しましょう。

そして鼻の横の皮膚は刺激に弱くなっているので保湿をすること。保湿しないと、化粧品、ハウスダスト、空気の乾燥、紫外線など外部刺激をどんどん受けて別の肌トラブルを起こしてしまいます。

よく、「バランスの良い食事をしましょう」とか「睡眠をしっかりとりましょう」とか「ストレスを溜めこまないようにしましょう」など書かれていますが、それよりまず【洗顔】と【保湿】です。

保湿は化粧水バシャバシャ、乳液ベッタリじゃなくて「何で」保湿をするかというのが大事。

肌に痒みや赤みがある時というのは、これ以上刺激を受けないために肌は皮脂を多く分泌して守ろうとします。皮脂が増えれば悪さをするマラセチア菌も増えます。

そのような悪循環を防ぐためにも、「保湿効果の高い保湿剤」を使うようにしましょう。

保湿については、顔にかゆみ・乾燥がある方にオススメ!保湿剤ランキングに詳しく書いています。

肌が保湿され水分量が上がると皮脂の分泌も落ち着き、菌の増殖を防ぐことができます。

まとめ

鼻の横が痒みは皮脂をエサとするマラセチア菌の増殖が原因となっていることがあります。増えた菌は肌にダメージを与え、そのままにしていると頬のあたりまで広がり治療が難しくなります。

洗顔と保湿を見直すことで皮脂量や菌の増殖を防ぐことができるので早めに対策を取るようにしましょう。

Sponsored Links