春は顔にチクチク、ムズムズとした痒みがある、その原因や対策とは?

春になり暖かくなると、顔にチクチク・ムズムズとした痒みを感じることはありませんか?冬が終わり過ごしやすい気候なのに、痒みが気にしながら生活するのは嫌ですよね。

今回は春になると顔が痒くなる原因と対策についてまとめています。

Sponsored Links

春は肌が敏感になる季節、痒みの原因とは?

花粉症皮膚炎

春は暖かくなり花粉の量も増えてきます。花粉症にはくしゃみや鼻水といった症状だけではなく、花粉症皮膚炎という皮膚に症状が起こる花粉症もあります。

この症状は皮膚に花粉が付着して痒みや赤みといった症状が出ます。常に外気にさらされている顔には症状が起きやすく、特に頬っぺた・目のまわり・口のまわりは皮膚が薄いため、花粉の多い季節になると痒みや赤みが出てしまいます。

花粉症皮膚炎になりやすい人は、もともと花粉症の人やアトピーやアレルギー体質、乾燥肌や敏感肌の人などで、肌の弱い人に起こりやすい皮膚炎です。

汗や皮脂による菌の増殖

冬と比べて気温が高くなるため、暖かい日差しで汗や皮脂の分泌は活発になります。皮膚には常在菌といわれる菌が200種類以上存在して皮脂をエサにしています。

この常在菌は雑菌の繁殖を抑えたり肌の潤いを保つために働いていますが、すべての常在菌が良い働きをするものばかりではありません。

アクネ菌が増えればニキビができやすい肌になりますし、マラセチア菌が増えれば鼻のまわりが赤くなる脂漏性皮膚炎にもなります。

皮脂が増えた肌は常在菌にとって住み心地の良い環境で、菌のバランスを崩してしまいます。常在菌が皮脂に含まれている中性脂肪を分解して遊離脂肪酸という物質を作り出しますが、この遊離脂肪酸は皮膚を刺激して痒みを起こさせてしまいます。

暖かい季節になると顔にチクチク・ムズムズとした痒みがある人は常在菌がバランスを崩し増殖していることもあります。

紫外線による皮膚の乾燥

紫外線は夏に多いと思われていますが、3月に入ると紫外線の量は増えてきます。紫外線にはビタミンDを合成したり免疫力を高める働きがありますが、多すぎる紫外線は肌にダメージを与えてしまいます。

肌には水分蒸発を防いだり、ハウスダストなどの外部刺激から肌を守るためにバリア機能が働いていますが、紫外線はこのバリア機能を低下させてしまいます。

バリア機能が低下することで、皮膚からは水分が抜けやすくなり乾燥してしまいます。皮膚同士が引っ張られその刺激で痒みが出てしまいます。

春のチクチク・ムズムズとした痒みを防ぐには?

皮膚に痒みが起こるということは肌のバリア機能が低下しているということです。皮膚は水分や油分がしっかり蓄えられ、皮脂による油分の膜で保護されている状態が健康的であると言われています。

肌にチクチク・ムズムズとした痒みがあるということは、皮膚に水分や油分を蓄える力が低下している状態です。

痒み止めなどの薬を使う前に、肌そのものの力を回復させなければチクチクやムズムズといった痒みは何度も繰り返してしまいます。

皮膚に水分や油分を蓄える力はセラミドを補うことで回復します。セラミドは注目されていることもあり、ドラッグストアやCMなどでも見かけることがあると思います。

働きとしては、皮膚の中で水分や油分をガッチリ挟み込んで逃がさないよう働いてくれます。肌トラブルが起きない人というのは、セラミドが十分にあり肌に刺激物質を通さないようになっています。

セラミドはもともと人間の皮膚にもありますが、体質や生活環境で減少してしまいます。そのため、チクチクやムズムズといった肌トラブルを起こしやすい人はセラミドを補い、刺激に強い肌を作るようにしましょう。

セラミドは美容液やサプリメントなどからも摂り入れることができますが、おすすめなのはスキンケア用品のモーニュです。

モーニュの良いところは天然セラミドですが、こんにゃくから抽出したセラミドを使っていること。

こんにゃく由来の天然セラミドは、他の天然セラミドに比べると7~15倍のセラミドが含まれています。

また、無添加にこだわって作られているため刺激が少なくなっています。

水分を溜めこめない肌は乾燥や痒みがいつまでも改善されません。使うならセラミドが配合されたスキンケア用品を選んで使うようにしましょう。

【関連記事】
≫≫顔にかゆみ・乾燥がある方にオススメ!保湿剤ランキング

まとめ

春は肌トラブルが増えてくる季節です。チクチクやムズムズといった痒みをそのままにしていると、乾燥して粉をふいたり赤みが広がってしまうことがあります。

痒み止めを塗ることも悪い事ではありませんが、痒み止めは一時的なものなので肌トラブルの根本的な改善にはなりません。

痒みが起こる人の多くは肌のセラミドが不足している傾向にあります。セラミド配合の保湿剤で肌をケアし、痒みが起こりにくい肌を作りましょう。

Sponsored Links