鼻・頬の毛穴の広がりが気になる!ポツポツ腫れたり痒みが出るのはなぜ?

鏡を見た時に鼻の横や頬の毛穴が気になったことはありませんか?鼻の横や頬は皮脂が多く肌トラブルも多い箇所です。

ポツポツ腫れていたり痒みがあれば早く治してしまいたいですよね。今回は鼻・頬の毛穴が広がって腫れや痒みが出る原因と対策についてまとめています。

Sponsored Links

鼻の横や頬の毛穴が広がるのはなぜ?

毛穴の広がりって嫌ですよね、女性は化粧をしている人も多いためあまり見かけることはありませんが、男性は鼻の周辺や頬の毛穴が広がってわりと遠くからでも見えることがあります。

そもそもなぜ毛穴が広がっているのかというと、毛穴からは皮脂が分泌されています。皮脂の役割は皮膚からの水分蒸発を防いだり、雑菌の繁殖を抑えたり、あとはハウスダストや空気の乾燥から肌を守る働きをしています。

皮脂が分泌される皮脂腺が最も多いのは顔と頭皮、時間が経つと顔がベタついたりテカってしまいますよね。これは皮脂が肌を保護しようと皮脂を分泌しているからです。

腕や脚なんかは時間が経ってもテカるということはありません。これは皮脂腺が少ないからで、1㎠50個程度の皮脂腺しかありません。

50個って結構多いよ、と思うかもしれませんが皮脂の多い顔には1㎠あたりに500~900個もの皮脂腺があります。

顔には皮脂腺がミッチリあります。そのミッチリした皮脂腺からは毛が生えています。

毛の根本は袋状になりそこから毛を伝って皮脂が分泌されているんですが、身体の皮脂腺に比べて顔の皮脂腺は大きく発達しています。


(http://www.skincare-univ.com/t/1041-clay/より引用)

皮脂腺が大きく発達しているから皮脂量も多くて顔がテカテカしてしまうんですね。皮脂は分泌されると毛穴まわりに溜まってしまいます。

最近の研究で、この毛穴まわりに溜まった皮脂が皮膚を老化させているというのが解明されています。

老化というと漠然としていますが、皮脂によって毛穴まわりの皮膚がダメージを受けているということです。ダメージを受ければ皮膚は弛み、ハリが無くなってきます。

顔は皮脂腺が大きくて密集しているので毛穴の広がりが目立ってしまうわけです。

鼻の横や頬がポツポツ腫れたり痒みが出るのはなぜ?

毛穴が広がっている人に多く見られるのが皮脂の過剰分泌です。皮脂が多い部分を脂漏部位と言いますが、皮脂の分泌が増えると脂漏性皮膚炎になります。

脂漏性皮膚炎はわりとポピューラは皮膚炎で発症していることに気づいていない人もいますが、小鼻のまわりが赤くなるのは脂漏性皮膚炎です。

人によっては小鼻のまわりから広がって、頬のあたりまで赤みやポツポツとした腫れ、痒みや乾燥が出てきます。

皮脂が多ければ油分をエサとする雑菌は増えて、脂漏性皮膚炎だけじゃなくてニキビやかぶれも出やすくなります。

皮脂の分泌が多いのか少ないのかよく分からないという人は、顔を洗って2時間立たないうちに鼻の横や頬がベタついていれば皮脂が多めです。

毛穴を引き締めるとポツポツした腫れや痒みを防ぐことができる?

毛穴を引き締めれば皮脂の分泌も少なくなりそうな感じがしますよね。ところが毛穴を引き締めても皮脂腺が小さくなる訳ではありません。

100%分泌されている皮脂の出口を60%くらいにしたらどうでしょうか。毛穴の中でブドウ球菌などが繁殖して皮膚が刺激され赤みが出てきます。

これは毛嚢炎といって毛穴を急に引き締めたり、皮膚がふやけて毛穴を塞いだことで発症します。赤いポツポツは増えて膿をもったり痒みが出てきます。

毛穴の広がりや皮脂の過剰分泌を抑えるには、毛穴を引き締めて小さくするんじゃなくて、皮膚に皮脂は充分足りてるよ!というのを教えなくてはいけません。

皮脂が過剰に分泌されているのは肌を守ろうとする働き、つまり守らなければいけいない問題が肌にある。

例えば乾燥だったり、刺激の多い化粧品や保湿剤を使っている、必要以上に洗顔をしているなど。潤いもあり、肌刺激も感じなければ皮脂腺自体も過剰に皮脂を分泌する必要はなくなります。

毛穴の広がりやポツポツした腫れや痒みを防ぐ方法は?

上記のことをまとめると、
■ 乾燥や肌刺激から肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌されている。
■ 皮脂が過剰に分泌されているから毛穴周辺が老化して広がっている。

つまり、毛穴が広がって腫れや痒みがある人は皮膚を健康的な状態まで戻す必要があるということです。

健康的な皮膚って何?ってなるけど、健康的とは肌が潤って水分を蓄える力があるということ。潤いのある肌は乾燥や刺激成分に影響されにくく、皮脂バランスも整い分泌も穏やかになります。

乾燥というとどうしても油分の方を想像してしまうけど、1980年ごろから肌の潤いに必要なのは油分ではなく肌の中で水分を蓄える力というのが解明されています。

乳液をたっぷり塗っても、皮脂の分泌が多い人でも乾燥するのはそのせいで油分はあまり関係がありません。

水分を蓄える力というのはセラミドを補うことで回復することができます。セラミドは水分をガッチリ掴んで蓄えるから保湿するものの中では最強クラスの保湿成分です。

セラミドは皮膚の中にもあって、腫れや痒みなどの肌トラブルが出る人の多くはセラミドが低下している傾向にあります。

セラミドが減って水分を蓄える力が低下しているから、皮膚はすき間だらけで乾燥や刺激成分を跳ね返す力がないわけです。


(http://www.zenyaku.co.jp/より引用)

皮膚に腫れや痒みが出る人はまずセラミドで水分を蓄える力を上げて健康的な皮膚に戻さないと、症状は治らないし毛穴の広がりも元には戻りません。

セラミド用品は似たり寄ったりな物が多くて余計な〇〇オイルなど聞いたことのないような油分や添加物を配合したものが溢れています。

その余計な成分を肌に無理やり浸透させるように作るから肌に赤みや痒みが出る人が年々増えています。

セラミド配合のケア用品も種類が多くてどれを選んだらよいか分からないという人はモーニュがおすすめです。

モーニュの良いところは天然セラミドですが、こんにゃくから抽出したセラミドを使っていること。

こんにゃく由来の天然セラミドは、他の天然セラミドに比べると7~15倍のセラミドが含まれています。

また、無添加にこだわって作られているため刺激が少なくなっています。

水分を溜めこめない肌は刺激に弱いためプツプツとした腫れや痒みが出やすくなります。使うならセラミドが配合されたスキンケア用品を選んで使うようにしましょう。

⇒ モーニュを使ってみた感想と口コミを見てみる。

まとめ

毛穴が広がりプツプツとした腫れ・痒みが出るのには肌自体に水分を蓄える力がなく、刺激に弱くなっていることが原因にあります。

毛穴が広がってる人には毛穴引き締め化粧水がいいよとおすすめする人がいますが、それは一時的な対処法です。

これから先ずっと毛穴引き締め化粧水を使い続けるならいいですが、なぜ毛穴が広がるのか、なぜ皮脂が過剰に分泌されているのかを考え、原因に向き合って肌を健康的な状態に戻した方が5年後10年後の肌は変わってくると思います。

Sponsored Links