ワセリンを塗って顔が痒くなった!ワセリンの正しい塗り方は?

顔の乾燥を防ぐためにワセリンを保湿剤代わりに使っている人もいると思います。ワセリンは全身に使え刺激成分も少ないため1つ持っていると便利なケア用品です。

ですが、ワセリンはベタベタして気持ちが悪い、痒みが出るなどという意見もあります。今回はワセリンで痒みが出る原因や正しい塗り方を見てみましょう。

Sponsored Links

ワセリンは保湿剤ではない、ワセリンの働きを知ろう

ワセリンを使う人の中には肌に乾燥や赤みがあったり、他の保湿剤が合わなくてワセリンを使っているという人も多いと思います。

病院でもワセリンは保湿剤として処方されますし、ドラッグストアでも保湿コーナーに置いてある事があります。

ワセリンをたっぷり塗ると肌も潤いツルツルになりそうですが、じつはワセリンには保湿作用がありません。

塗った後は肌がしっとりするよ!という人もいるかもしれませんが、ワセリンは油分の塊のようなものです。一時的ですが肌は油分で覆われてカサつきも目立たなくなります。

ですが時間が経てば、ワセリンの油分も剥がれてまたカサつきが戻ってきます。

肌の潤いに本当に必要なのは油分ではなくて水分です。だけど水をかけたからって肌が潤うわけではありません。皮膚の中に水分を蓄えられなければ意味がありません。

これを勘違いして肌がカサカサしている…油っ気がない、じゃあ油分の多いものをたっぷり塗ろうというのが間違い。

ワセリンをたっぷり塗ったところで油が肌に浸透するわけでもないし、ただ皮膚を油分の膜でフタをしているだけです。

だけどワセリンに全く効果がないということではありません。皮膚に油分の膜を張ることで皮膚からの水分蒸発を防ぐことができます。乾燥をやや抑えることができますが、保湿作用はないためワセリンには皮膚保護の働きしかありません。

一時期、「スキンケアにはワセリン」という洗顔後や入浴後の顔にワセリンのみのケアが流行りました。

肌が健康的な人の場合、皮膚内に水分を蓄える力もあるためワセリンだけでも充分にケアできます。ですが、乾燥肌や敏感肌の人はワセリンだけでは充分なケアができません。

ワセリンを使用したいなら、保湿作用のあるものとワセリンを併用しないと乾燥は治りません。

ワセリンで顔が痒くなる原因は?

ワセリンは石油を精製して作られています。不純物を取り除いているためアレルギーや肌刺激が少なくなっているんですが、まれに顔に塗って痒みが出る事があります。

ワセリンは油分でできているため、肌にたっぷり塗ると熱や汗が逃げ場を失い肌を刺激してしまいます。

とくに顔に湿疹やアトピーがある人は汗腺を掻き壊している場合もあり、汗がうまく出ない事があります。ワセリンでさらに防いでしまうことにより痒みが強くなる場合があります。

たっぷり塗っていないのに痒みが出る人は鉱物油アレルギーだったり、ワセリンを塗った後に顔に付着した花粉や埃などのハウスダストからのアレルギー反応かもしれません。

何度塗っても痒みが出る人はこのような可能性が高いのでワセリンを塗るのをやめるか、もう少し精製度の高い白色ワセリンやプロペト、サンホワイトを塗った方がいいかもしれません。

ワセリンの正しい塗り方は?

ワセリンの塗り方としては、洗顔後や入浴後の肌がきれいな状態で塗るのが良いです。埃や雑菌と一緒にワセリンを刷り込んでしまうと、それが原因で痒みが出る事があります。

手のひらでワセリンをのばして少し柔らかくなったら、顔を手のひらで覆うように抑え、細かなところは指で抑えるように塗りましょう。

このときに刷り込んだり、叩き込むように塗ると皮膚を傷つけて乾燥や赤みが広がるので、抑えるように塗るのがポイントです。ワセリンはベタベタ塗っても効果は変わりません。

【関連記事】
≫≫顔にかゆみ・乾燥がある方にオススメ!保湿剤ランキング

まとめ

ワセリンには保湿作用はありません。ワセリンを使用して顔の乾燥がなかなか治らない人や痒みが出る人は、保湿作用のあるクリームを使用したり塗り方を見直してみましょう。

痒みが強い場合には無理に使用せずに自分に合ったものを探すようにしましょう。

Sponsored Links