冬は顔がかゆくなる…かゆみを治すにはどうしたらいいの?

冬になると顔がピリピリと痛痒くなったり、乾燥でかゆみが出てくることはありませんか?冬はかゆみが起こりやすく肌トラブルが多い季節です。かゆみが出る原因や対策を見てみましょう。

Sponsored Links

冬になると顔がかゆくなる原因は?

肌の乾燥

秋や冬になると空気中の湿度が下がり空気が乾燥してきます。体内の水分も蒸発しやすくなり肌は乾燥状態になります。

皮膚に水分を蓄える力がある人は空気が乾燥しても肌にはあまり影響がありませんが、体質的に乾燥しやすい人は秋や冬になると季節性の乾燥肌になります。

乾燥した皮膚は引っ張り合うためその刺激でかゆみが強くなります。

蕁麻疹

秋や冬は温度の変化により顔まわりに蕁麻疹が出ることがあります。とくに暖かい部屋から外に出たとき、冷えた体で温かいお風呂に使ったときなどに出やすく、かゆみが強いのが特徴です。

時間が経てば蕁麻疹はおさまりますが、体質的に蕁麻疹が出やすい人は服を着込むなど体温を調節するようにしましょう。

マスクやマフラーによる刺激

マスクを長時間つけていたり、マフラーによって顔がかゆくなることがあります。これは繊維の断面が顔との摩擦により飛び出し皮膚を刺激しています。

マスクは薄めのガーゼを1枚はさむことで顔に刺激を与えにくくなります。マフラーはウールやカシミア、化学繊維で作られたアクリルやポリエステル、シルクやコットンなど種類が様々にあります。

着用してかゆみやチクチクとした痛みを感じた時にはその原料が使用されたものは避けるようにしましょう。

顔のかゆみを治すにはどうしたらいいの?

冬になると顔にかゆみが出る方は日常的に保湿を心掛けるようにしましょう。水分保持力が低下しているため肌が敏感になっています。

保湿をしっかりすることで外部刺激に影響されない肌を作ることができます。また、急な温度変化は肌にとっては良いものではありません。

蕁麻疹が出るということは肌に負担をかけているので寒くなったら服を重ねるなど対策をとるようにしましょう。

まとめ

冬になると顔にかゆみが出るというのはとても多い悩みです。掻くとかゆみは広がっていくので搔きむしらないことが大事ですが、保湿をしっかりしてかゆみが出にくい肌を作るようにしましょう。

Sponsored Links