季節の変わり目には顔が痒くなる!原因と対処法は?

肌が敏感な人は季節の変わり目になると顔にかゆみが出ることがあります。季節の変わり目とは秋から冬、冬から春、春から夏、夏から秋がありますが特にその中でも秋から冬には乾燥も重なりかゆみが出やすい時期です。

顔は一番最初に見られる箇所であるため肌トラブルはできるだけ抑えたいですよね。今回は季節の変わり目に出る顔のかゆみについてみてみましょう。

Sponsored Links

季節の変わり目になると顔がかゆくなる原因は?

肌が敏感な人が季節の変わり目になると肌トラブルを感じてしまうのには、皮膚のバリア機能が低下していることが原因にあります。

皮膚のバリア機能には外部刺激から肌を守る役割があります。ですが、顔にかゆみが出やすい人は生まれつきの体質や生活環境によって皮膚のバリア機能が低下しています。

皮膚のバリア機能が低下することによって受ける影響には次のようなことがあげられます。

乾燥を感じやすくなる

空気中の水分量が減る秋冬や空調がきいた部屋では肌は乾燥しやすくなります。

皮膚のバリアには水分蒸発を防ぐ力がありますが、低下しているときには汗が蒸発するときに一緒に皮膚の水分も抜けやすくなってしまいます。

また、水分が抜けた皮膚は乾燥しかゆみを感じる神経線維が皮膚の奥底から表面に向かって伸びていきます。手や髪が顔に触れる刺激にもかゆみを感じやすくなります。

ハウスダストの刺激を受けやすくなる

ハウスダストには塵やほこり、ダニの死骸や花粉が含まれています。これらはアレルギー物質であり、体内に入ると湿疹やくしゃみなどのアレルギー反応が起こります。

皮膚のバリア機能が低下していると細かいものは付着し体内に入りやすくなります。季節の変わり目には服装や寝具を変えるためハウスダストによる影響を受けてしまいます。

自律神経が乱れやすくなる

自律神経とは自分の意思と関係なく身体の機能をコントロールする神経のことです。内臓や血管を動かすのも自律神経の働きによります。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、日中には身体を活動しやすい状態にする交感神経が働き、夜にはリラックス状態を作りだす副交感神経が働きます。

バリア機能が低下して肌トラブルなどのストレスを感じたり気温の変化を感じると交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまいます。

季節の変わり目に顔がかゆくなる時の対処法は?

肌のバリア機能が低下している人ほど顔にかゆみや乾燥を感じやすくなります。そのため季節の変わり目に影響されない肌を作ることが重要です。

肌は皮脂・天然保湿因子・角質細胞間脂質という3つの物質が一定に保たれているときにバリア機能が働きます。

肌トラブルを起こしやすい人の多くは角質細胞間脂質といわれるセラミドが不足しています。このセラミドを補うことにより肌のバリア機能を強くすることができます。

季節の変わり目に顔にかゆみが出やすい人はセラミドを積極的に取り入れるようにしましょう。

まとめ

肌のバリア機能が低下している人は季節の変わり目になると顔にかゆみが出やすくなります。かゆみはそのままにしていると、赤みや粉ふき肌を引き起こし治りにくくなります。

セラミドが配合されたものでしっかりと保湿をして季節の変わり目にも影響されない肌を作るようにしましょう。

Sponsored Links