乳液を使うと顔が痒くなる…スキンケアに乳液は必要?

化粧水のあと乳液を使用している人もいると思いますが、時間が経つと顔が痒くなったという経験をしたことはないでしょうか?

化粧水だけだと保湿が足りなさそう、だけど乳液は肌に合わないというのは多い悩みです。乳液を塗ると痒くなる原因や肌が弱い方のためのスキンケアを見てみましょう。

Sponsored Links

乳液は肌トラブルが起きやすい?乳液の働きとは。

乳液というと油成分であるため、化粧水の後に水分や保湿成分が肌から蒸発しないようフタをするというイメージがあると思います。

ですが、肌の水分というのは乳液でフタをしても隙間からどんどん蒸発してしまします。乳液を塗っているのに乾燥肌が治らないのは水分が肌に留まっていないからです。

水分が蒸発した肌には乳液の油分が残りベタベタとしてしまいます。油分が多いと顔の皮膚に存在している常在菌が繁殖し、皮膚を刺激して痒みを与えたり、ニキビや脂漏性皮膚炎を発症させてしまいます。

痒くなった皮膚を掻けば肌は荒れてしまい、荒れるから再び乳液をたっぷりつけてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

肌に必要なのは油分ではなく水分保持力。

化粧水や乳液をつけると、顔の皮膚がモチモチして潤っているように見えますがそれは表面だけのものです。蒸発すれば肌の状態は元に戻ってしまいます。

皮膚というのは水分と油分をいくら与えても一時的にしか潤わず、水分を留める力が皮膚になければ意味がありません。

例えば、テーブルに水や油をドバドバとかけても蒸発したり床に流れてしまいますが、スポンジをたくさん置いていれば、テーブルからこぼれる水や油の量は減ります。

肌の中にもスポンジのように水分や油分を留めるものを置かなければいけません。誰もが持っている水分保持力も環境や年齢とともに減少していきます。

そのため同じように水分を蓄えてくれる成分であるセラミドが肌には必要になります。乳液を塗ると顔が痒くなったり、肌トラブルが起こりやすい人には必ずしも乳液は必要ではありません。

むしろ、現在のスキンケアでは乳液ではなく、化粧水の後にセラミドをを含む保湿剤や美容液を使用するのが良いと言われています。

セラミドは肌の水分保持力を助け潤いのある肌を作ります。乳液が肌に合わない方やスキンケアで悩まれている方は、セラミドを取り入れてみてはいかかがでしょうか。

まとめ

化粧水の後は乳液というスキンケアを続けている人もいると思いますが、肌にとって本当に必要なのは乳液の油分ではなく水分を蓄える力です。

顔が痒くなりやすい人や乾燥が出やすい人はスキンケアを見直してみましょう。

Sponsored Links