日焼け止めを塗ると顔が痒い!原因やおすすめの日焼け止めは?

紫外線が強くなる季節になると日焼けを防ぐために、日焼け止めを塗る人も多いと思います。ですが、日焼け止めを塗ると顔が痒くなったり肌が荒れてしまうなどの肌トラブルを起こしやすくなります。

日焼け止めで顔に痒みや乾燥が出る原因やおすすめの日焼け止めについて学んでみましょう。

Sponsored Links

日焼け止めの働き

日焼け止めを使用する目的というのは、肌が日に焼けるのを防いだり、シミやソバカスなどを防ぐことだと思います。

日焼け止めはどれも同じという訳ではなく、大きく分けて「紫外線を吸収する」ものと「紫外線を反射させる」ものがあります。

どちらも紫外線を防ぐ働きがありますが、肌状態によってはニキビや乾燥を引き起こす場合があります。

・紫外線を吸収する(紫外線吸収剤)
紫外線を吸収するタイプの日焼け止めは肌に当たる紫外線のエネルギーを吸収して、肌に紫外線が入るのを防いでくれます。

紫外線防止の効果が高いため絶対に肌を焼きたくない人には良いかもしれませんが、肌荒れを起こしやすいアミン系化合物やフェノール系が配合されているので肌が弱い方が使用すると肌に負担をかけてしまいます。

・紫外線を反射する(紫外線散乱剤)
紫外線を反射するタイプの日焼け止めは酸化亜鉛などの金属の細かい粉が肌の上で膜を張り紫外線を反射・散乱させます。

紫外線吸収剤フリーと書かれている日焼け止めはこの紫外線散乱剤の日焼け止めを指します。

紫外線を吸収する日焼け止めより肌に負担をかけないため、敏感肌や子供用の日焼け止めは紫外線を反射するタイプの日焼け止めが多くなっています。

日焼け止めで顔に痒みや乾燥が出る原因

日焼け止めは皮膚に直接塗るものなので、肌状態によって顔が痒くなったり粉をふいたような乾燥を感じることがあります。

使い続ければ肌により負担をかけますし、痒みや乾燥は化粧のノリや日常生活にも支障をきたしてしまいます。日焼け止めで顔に痒みや乾燥が出る原因は次の3つが考えられます。

日焼け止めに含まれる成分が肌を刺激している

日焼け止めには塗り心地や成分を均等にするために添加物が配合されています。健康的な肌の方には負担の少ないものですが、敏感肌の方は肌を刺激し痒みや乾燥を引き起こしてしまう場合があります。

そのため、顔に痒みが出やすい人はできるだけ添加物が少ない日焼け止めを選ぶようしましょう。

顔の肌バリアが低下して赤みや乾燥が強く出ている

肌バリアが低下している状態というのは、外からの刺激に対して肌が敏感になっています。

日焼け止めは勿論、化粧水を塗って痒みやヒリヒリとした痛みを感じる場合にはまず肌のバリア機能を回復させることが優先です。

顔に赤みがある場合には消炎作用のある保湿剤を塗るようにしましょう。

乾燥を感じる場合にはセラミドやヒアルロン酸などの保湿効果の高い保湿剤を使用し、肌バリアを回復させてから日焼け止めを使用するようにしましょう。

日焼け止めが落としきれていない

日焼け止めには油分が多く含まれている物があり、一度の洗顔では落としきれずに肌に残ってしまうことがあります。

手足に比べると顔の毛穴は大きいため、日焼け止めや皮脂も溜まりやすく、肌に長時間残ることで酸化し始めます。

皮脂と混ざり合った日焼け止めは肌を刺激する物質に変化し、痒みを引き起こす原因になります。

日焼け止めの種類によって、お湯で落とせるもの、石鹸で落とせるもの、クレンジングが必要なものなど落とし方が異なるので必ず日焼け止めのパッケージを確認するようにしましょう。

顔に痒みが出やすい人におすすめの日焼け止め

顔に痒みが出やすい人は、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤を使用せず自然原料だけで作ったMAM&BABYの日焼け止めがおすすめです。

生物が紫外線から体を守るために蓄えた天然の紫外線防御物質、マイコスポリン様アミノ酸というアミノ酸の一種が紫外線を防いでくます。

石鹸やお湯で簡単に落とすことができるので肌負担も少なく、顔に痒みや赤みがある方にも優しい日焼け止めです。

【関連記事】
≫≫ 顔にかゆみ・乾燥がある方にオススメ!日焼け止めランキング

まとめ

日焼け止めを塗ると顔が痒くなったり粉をふいたような乾燥が出てしまう人は、配合されている成分や洗顔方法を確認するようにしましょう。

また、どんなに肌に優しい成分でも日焼け止めは肌に負担をかけてしまいますので、1日の終わりには必ず落とし肌を休ませてあげましょう。

Sponsored Links