顔に痒みがある人がアーモンドオイルを肌に塗っても大丈夫?

アーモンドオイルは食用から美容用まで広く使用されているオイルです。植物油でのスキンケアが流行していることもあり、アーモンドオイルをクレンジングや保湿剤として使用している方も多いと思います。

刺激が少なく使いやすと言われているアーモンドオイルですが、顔に痒みがある人が使用しても大丈夫なのでしょうか?

Sponsored Links

アーモンドオイルの特徴

アーモンドオイルはアーモンドの実から抽出されるオイルです。アーモンドオイルにはスイートアーモンドオイルとビターアーモンドオイルがありますが、一般的にはスイートアーモンドオイルをアーモンドオイルと言います。

比較的刺激が少ないオイルなため、赤ちゃんや敏感肌の方も使いやすいオイルです。

アーモンドオイルの働き

顔に乾燥や赤みが出やすい原因の1つに肌のセラミド不足があります。セラミドは肌の水分量をキープする成分であり、不足すると肌のバリア機能が弱まってしまいます。

バリア機能が弱まれば肌から水分や油分が蒸発し乾燥肌になりますし、外部からの刺激を受けることで赤みや痒みを引き起こしてしまいます。

アーモンドオイルにはセラミドに含まれるリノール酸が豊富に入っているため、肌に塗ることで水分保持力を高め乾燥や刺激に強い肌を作ってくれます。

また、アーモンドオイルには湿疹や吹き出物などを抑えてくれる働きがあります。

ステロイド薬などに比べれば赤みを抑える効果は低いですが、症状の軽い赤みであれば化粧水などで肌を整えた後アーモンドオイルを塗ると症状が落ち着いてきます。

顔に痒みがある時にアーモンドオイルを使用しても大丈夫?

顔の痒みには乾燥による痒みと赤みによる痒みがあります。粉をふいていたり、触れるとカサカサする乾燥肌による痒みにはアーモンドオイルが期待できます。

洗顔後に化粧水や保湿剤で整えオイルを塗るようにしましょう。

ですが、顔の赤みが強い場合や触れるとヒリヒリとした痛みがある場合には、アーモンドオイルだけではなく化粧水や保湿剤も刺激を感じることがあります。

そのような場合には、化粧や無理なスキンケアをやめて、お湯で洗顔をしたあとワセリンなどの刺激成分が少ない物を塗り肌を休めるようにしましょう。

まとめ

アーモンドオイルは保湿力も高く肌に優しいため、肌トラブルがある方や植物油を試してみたい方にはおすすめのオイルです。肌状態によっては痒みや赤みを広げてしまうこともあるので使用する際には必ずパッチテストをするようにしましょう。

Sponsored Links