お酒は顔の痒みを悪化させる?

お酒を飲むと顔や体に痒みを感じてしまうことはありませんか?お酒は適量であれば疲れを取ってくれたりストレスを軽減してくれるものですが良い事ばかりではありません。

体調によってはお酒を飲むことで肌に痒みや赤みが出てしまいます。お酒を飲んで痒みが出る原因や痒みが出たときの対処法を学んでみましょう。

Sponsored Links

お酒を飲むと痒くなるのはなぜ?

お酒は体内に取り込まれると胃や小腸から吸収されて血液によって全身に運ばれていきます。体が温まり気分が良くなるのは、脳が麻痺し血管が緩むことで血流が増えていくためです。

体の中には痒みの原因物質であるヒスタミンなどがあり、肌の力が弱まっている箇所や赤みが出て肌が傷ついている箇所では血流の増加でヒスタミンが産出され痒みが起きやすくなります。触れたり掻くことで刺激になりさらに痒みは強くなります。

アルコールにはアレルギーがある?

体温が上がることで痒みが出る以外にも、アレルギーで顔に痒みが出てしまう人もいます。アルコールアレルギーというのはあまり知られていませんが、日本人には多いアレルギーです。

アレルギーの症状というのは人それぞれであり、少し肌が赤くなったり湿疹が出る人もいれば、肌を傷つけてしまう程痒みが強く出ることもあります。

ただし、アルコールアレルギーとはアルコールにアレルギーがある訳ではありません。多くはお酒に含まれる果物や麹などに対して体が反応して症状が出る食物アレルギーです。

アルコールを飲むと痒みが出る方は飲む量を減らしたり、お酒の種類を変えて様子を見るようにしましょう。

顔に痒みが出た時の対処法

お酒を飲み顔に痒みが出てしまった時は、濡らしたタオルや保冷剤を痒い箇所にあてて冷やすようにしましょう。痒みが出ている箇所は血管が拡張され痒みの原因であるヒスタミンが集まっています。

冷やすことで血管が収縮され痒みを和らげてくれます。痒みや赤みが続く場合にはステロイド剤や消炎作用のある保湿剤を塗り、赤みを広げないようにしましょう。

まとめ

お酒は過剰に摂取しなければ体には良いものではありますが、痒みや赤みが出やすい方は自分の適量を知って痒みが出た時は対処できるようにしましょう。

痒みが続く場合はアレルギーの可能性もありますので、掻かずに薬や保湿剤でケアするようにしましょう。

Sponsored Links