顔に痒みがある人がオリーブオイルを肌に塗っても大丈夫?

食用や美容目的としてオリーブオイルは幅広く活用されています。その成分にはビタミン、スクワラン、ポリフェノールなど体に良い成分が含まれています。

植物油であるため肌にも優しいと言われていますが、顔に痒みがある方がオリーブオイルを肌に塗るとどのような効果があるのでしょうか?

Sponsored Links

オリーブオイルの特徴

多くの植物油は種子から油を作られることが多いですが、オリーブオイルは果実から油を搾りだすために栄養が損なわれることなく香りや味も保たれています。

オリーブオイルの主成分はオレイン酸です。オレイン酸とはオリーブオイルやひまわり油、ナッツ類にも多く含まれる不飽和脂肪酸です。

肌の皮脂を構成している脂肪酸の中で一番多く含まれているのはオレイン酸で、肌馴染みも良く化粧品や整髪剤など様々なものに活用されています。

食用のオリーブオイルと美容用オリーブオイルの違い

オリーブオイルにはスーパーなどでもよく見かける食用のオリーブオイルと、化粧品や髪に使用される美容用の2種類があります。

同じオリーブオイルであることに変わりはありませんが、食用と美容用のオリーブオイルを比べると色や香り、味、質感に違いがあります。

その違いはオリーブオイルの精製度によって差が生まれます。食用のオリーブオイルであれば、味や香りを残すよう粗めに精製されています。

美容用のオリーブオイルであれば質感にこだわり、不純物や香りを取り除きアレルギーが起こらないよう慎重に精製されます。

顔に痒みや乾燥がある方は肌の力が低下していることもあるので、不純物の取り除かれた美容用のオリーブオイルを使用した方が肌には刺激が少なくなります。

顔の痒みや赤み・乾燥にオリーブオイルは効果がある?

オリーブオイルにはクロロフィルやオレオカンタールという成分が含まれていますが、これらは肌の赤みを鎮める効果があります。

ただし、ステロイドや消炎作用のある保湿剤に比べれば赤みを抑える効果は劣るので、肌の消炎目的であればオリーブオイルでのスキンケアはあまりお勧めできません。

オリーブオイルをスキンケアの一つとして取り入れる最大の目的は保湿効果です。豊富に含まれるオレイン酸やリノール酸には肌の水分保持力を助けてくれます。

乾燥防止や乾燥による痒みを和らげるにはオリーブオイルでのスキンケアは期待できます。

まとめ

オリーブオイルは刺激成分も少なく安心して使うことができることから日常的に取り入れたいと思われる方もいると思います。

ですが、顔の痒みは「赤みによる痒み」と「乾燥による痒み」でケアの仕方が変わってきます。

顔に赤みが起きている方は刺激で肌が痒くなりやすくなっているので、ステロイド剤や消炎作用のある保湿剤で赤みを抑えてからオリーブオイルを使うようにしましょう。

乾燥による痒みにはオリーブオイルでのスキンケアは充分効果的です。オリーブオイルを選ぶ際には不純物が少なく質の良い美容用のオイルを選ぶようにしましょう。

 

Sponsored Links