知っておきたい顔に痒みがある人のシャンプー選び。

髪を洗う際、シャンプーの泡が顔に流れるような洗い方をしていませんか?シャンプーに含まれている成分は肌に良いものではありません。

顔に痒みがある方は皮膚に乾燥や赤みが出て、刺激を受けやすくなっています。できるだけ肌にも優しいシャンプー選びたいところですが、現在シャンプーの数は数千種類を超え自分に合うものを選ぶのは一苦労です。顔に痒みがある人がシャンプーを選ぶ際のポイントを学んでみましょう。

Sponsored Links

シャンプーの良し悪しとは

シャンプーというのはパッケージ裏に成分表が表記されていますが、含まれている量の多い順に表示されています。成分の約7割は水ででき、残りの3割は界面活性剤と防腐剤や香料などでできています。

シャンプーを選ぶ上で大事なのはこの2割の界面活性剤と言われる物質の方です。成分表の2~3番目に表記されているものでシャンプーの洗浄力を決める部分です。

洗浄力が強いものであれば、油や汚れを落とすけれど皮膚へのダメージが大きくなります。洗浄力が弱いものであれば、整髪料を使われる方や油性肌の方には物足りなさを感じますが皮膚へのダメージは少なくなります。

シャンプーには大きく分けて4つの種類がある

石鹸系シャンプー

洗浄成分が石鹸でできている物を石鹸系シャンプーと言います。成分的には固体石鹸とほとんど変わらないため、髪以外にも顔や身体にも使用することができます。

天然成分を原料とする界面活性剤であるため、髪の毛や肌に優しく安全性が高いという特徴がありますが、洗った後は髪の毛がキシキシするのがデメリットです。

これは石鹸がアルカリ性であるため使用すると髪の毛のキューティクルが開くことで軋んだ状態になります。

弱酸性のリンスを使用することで軋みは若干改善されますが、頭皮にフケや痒みも出やすいため石鹸にこだわりがある人以外はあまりおすすめできません。

高級アルコール系シャンプー

テレビCMなどでよく見かけるシャンプーの殆どはこの高級アルコール系のシャンプーです。高級アルコール系シャンプーと聞くと高そうなシャンプーに思えますが、ドラッグストアやスーパーで販売されている500円前後のシャンプーです。

これらのシャンプーは石油を原料として作られ、皮脂や汚れを完璧に綺麗に落としてくれます。一見すると良いシャンプーに聞こえますが、人にとって皮脂というのは必要なもので全て洗い流してしまうと、体は皮脂を出そうとどんどん分泌し始めます。

シャンプーを使い毎日のように繰り返されれば、皮脂は過剰分泌により毛穴のつまりや脂性肌などのトラブルを起こします。

更に、高級アルコール系シャンプーの多くはラウリス硫酸Naやラウレス硫酸Naと言われる界面活性剤が配合されています。

これらはヤシ油などに含まれるラウリン酸を原料にして作られる過程で硫酸が使われています。硫酸はたんぱく質を破壊します。

通常、髪や肌にはバリア機能が働いているためシャンプーに含まれる「しっとり」や「サラサラ」などと言った成分は殆どが浸透しません。

そのため、一度髪や肌のたんぱく質を壊しシャンプーの成分を浸透させやすくします。その際に強い洗浄力で油分や水分を失い、バリア機能が壊れた箇所からシャンプーに含まれる合成成分が肌に入り、顔などの皮膚に痒みを引き起こさせます。

痒み肌を持つ方はラウリス硫酸Naやラウレス硫酸Naと書かれている物を避けるようにしましょう。

ベタイン系シャンプー

ベタイン系のシャンプーは植物や海産物などの天然素材を原料に作られたシャンプーです。天然素材と聞くと髪や肌にも優しそうに聞こえますが、天然成分を元に人工的に作られているので天然系合成シャンプーです。

ベタイン系シャンプーは高級アルコール系シャンプーなどの石油系シャンプーとは違い肌や髪に優しいのが特徴で、ベビーシャンプーなどに使われています。

ただし、洗浄力が弱く価格が高いのがデメリット。痒み肌を持つ方の肌に触れても刺激は少ないですが、髪の毛の汚れや皮脂を落とすことに関しては物足りなさを感じます。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系のシャンプーは洗浄成分にアミノ酸の成分を使用して作られています。アミノ酸とは人の体にあるもので内臓や皮膚などの元となるタンパク質を構成している成分です。そのため髪や肌に刺激を与えにくく、皮脂を落とし過ぎないという特徴があります。

顔に痒みや赤みがある方やアトピー肌、頭皮や髪にダメージを受けている方などは一般的なシャンプーを使用すると強すぎる洗浄力のため症状が悪化することがありますが、アミノ酸系のシャンプーであれば程よい洗浄力もあり、肌や髪に与える負担が少なくなります。

ただし、ベタイン系シャンプーと同じく一般的なシャンプーと比べると少し値段が高い点がデメリットです。

顔に痒みがある方におすすめのシャンプーとは

上記でも書いているように顔に痒みなど肌トラブルがある方には、程よく洗浄力があり肌に優しいアミノ酸系のシャンプーをおすすめします。

ですがデメリットにもあるようアミノ酸系のシャンプーは一般的なシャンプーに比べ少し値段が高くなっています。

購入して肌に合わなかったときは無駄になるのが心配という方も多いと思います。顔に痒みがあってシャンプーに悩まれている方はお試し用か返金保証のあるシャンプーを選ぶようにしましょう。

● アミノ酸系シャンプー ロックイオンナチュラルシャンプー

item_6100

アミノ酸系のシャンプーの中ではロックイオンナチュラルシャンプーがおすすめです。

赤ちゃんにも使えるほど優しいアミノ酸洗浄成分で、頭皮にダメージを与える原因となる石油系界面活性剤やシリコン、カチオン活性剤などの添加物を含んでいません。

ロックイオンナチュラルシャンプーにはココイルグルタミン酸TEAが洗浄剤として配合されています。ココイルグルタミン酸TEAは歴史が古く、髪や頭皮への負担が少ないアミノ酸系の洗浄剤です。

皮脂の多い方や肌が弱い方が長期的に使用するならこのような洗浄成分の優しいシャンプーを使った方が良いと思います。

ロックイオンナチュラルシャンプーをおすすめする理由はもう一つ、シャンプーをしながらヘッドスパや泡パックができることです。

通常のシャンプーでは洗浄成分が強いため頭皮の皮脂を落とし過ぎてしまい、過剰に皮脂が分泌されてしまうことがあります。ですがこちらのシャンプーは洗浄成分が優しく添加物も少ないため頭皮や髪に負担がかからないよう作られています。

ロックイオンナチュラルシャンプーはこんな方におすすめです

・前髪がベタつきやすく頭皮の皮脂が多い
・乾燥してフケや痒みがでやすい
・髪のパサつき、抜け毛が気になる
・シャンプーをしながらヘッドスパ、泡パックをしたい
・赤ちゃんにも使える優しいシャンプーがいい
肌に合うか心配な方は送料無料でお手頃価格のミニボトルセットがおすすめです。

約40種類の火山岩ミネラル、フムスエキス配合
≫≫無添加 アミノ酸シャンプー『ロックイオン』

Sponsored Links