花粉で顔が痒くなる?花粉症皮膚炎って何?

花粉というと目が痒くなったりくしゃみが出たりという症状が多いですが、皮膚に痒みを起こしてしまう花粉症皮膚炎というものがあります。

花粉は春だけ気を付ければいいわけではなく1年中飛散しています。顔の痒みは花粉が原因になっている可能性もあります。今回は花粉によってなぜ肌が痒くなるのかをまとめています。

Sponsored Links

肌荒れや痒みを起こす花粉症皮膚炎ってどんなもの?

花粉症皮膚炎とは、肌にスギやヒノキなどの花粉が付着して赤みや痒みを起こし肌状態が悪くなる症状のことを言います。

花粉症というのは目が痒くなったり充血と言った目の症状や、鼻が詰まったりくしゃみが出る鼻の症状が多いですが、皮膚にも痒みを起こす皮膚症状があります。

もともと花粉症を持っている方は花粉症皮膚炎になりやすいですが、アトピーを持つ方、過去にアトピーだった方、肌が弱い方も花粉症皮膚炎になりやすいと言われています。

花粉で顔が痒くなる原因とは?

通常、健康的な肌であれば皮膚から花粉は侵入することはありません。皮膚には外部刺激から肌を守ってくれるバリア機能が働いています。

バリア機能というのは皮膚内の皮脂・角質細胞間脂質・天然保湿因子のことで、これら3つが一定に保たれているとバリア機能が働き外からの刺激となる成分を跳ね返してくれます。

ですがバリア機能が低下していると、皮膚から花粉が侵入しやすくなります。皮膚の表面から繰り返し侵入するうちに花粉は体内でアレルギー物質と認識されるようになり、再度花粉が皮膚に付着した際に痒みや赤みといったアレルギー反応を起こしてしまいます。

痒みや赤みが起きる場所は人それぞれですが、顔に痒みが出やすい方は皮膚が乾燥していたり、化粧品やシャンプーなどでダメージを受けて顔の皮膚が過敏になっている場合が考えられます。

花粉で顔が痒くならないための対策

花粉が多い日には肌の露出を避けて帽子やマスク、メガネをしてできるだけ花粉が肌に触れないようにしましょう。そして、花粉の侵入を防ぐために皮膚のバリア機能を高めることが重要なので、乾燥をしないように保湿をするようにしましょう。

保湿は皮膚の水分や油分が蒸発しないよう乾燥を防ぐと同時に花粉やその他の刺激成分が皮膚から侵入するのを防いでくれます。

肌に痒みや乾燥が起こりやすい方は保湿効果の高いセラミドやヒアルロン酸を含む保湿剤を使用するようにしましょう。また、痒みや赤みが出ている際はステロイド剤や消炎作用のある保湿剤を塗ると落ち着きます。

間違ってもゴシゴシと擦ってはいけません。痒みや赤みは刺激を与えるとより痒みが強くなり広がってしまいます。

眠れない程痒みが強い場合には保冷剤などで冷やし和らげるようにしましょう。

Sponsored Links